FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンス・パーティ

DSCF1402_convert_20120930224223.jpg

静と動、毎日の仕事は体を動かさず、じっと目を凝らせ、静止して製織しております。
そこで社交ダンスを始めて三十年になります。プロの教師になりました。
織物の殿堂、西陣織会館をパーティ会場にしての様子です。
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

京都芸術センター

DSCF1388_convert_20120929221115.jpg

芸術のセンター的な存在で京都の中心4条通り室町上がるにあります。
一年を通じて、芸術的な催事が絶え間なくおこなわれています。
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村

唐招提寺

蜚先魚謠仙ッコ_convert_20120929161616

北野工房での作品、70色の色糸を使用して織上げた綴織です。
幽玄の世界を表現したく挑戦しました。
最初は難しいと思っておりましたが、織り進むに従って、
幽玄の世界に引き込まれ楽しい毎日でした。

にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村

桂川工房で製織

DSCF1386_convert_20120928220517.jpg

月にイルカを製織しているところです。60~80色ぐらい使用します。
黒く紺色に見えるところを細かく、ブルー、青紫に見えるところを荒く
織り込み立体感を感じさせる技法を用いております。
織あがるのが待ち遠しくワクワクして楽しみでなりません。

にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村

桂川工房の紹介

DSCF1385_convert_20120928183910.jpg

織風景
写真からの引用で、40色の色糸を駆使して、
愛犬を綴織で表現し織りあがったところてす。
犬君に見せてやりたい、どんな表情をするのか、
みんなが楽しみにしております。
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村

京都伝統工芸士会連合会

DSCF1377_convert_20120927213807.jpg

27日午後市内のホテルにて創立30周年記念式典が盛大にとりおこわなわれた。
京の伝統工芸士の集い・・「伝統工芸士の現状と未来」発表と対話や
記念講演「ジャポニスムに見る京の伝統工芸」と懇親会など有意義な
時間でした。お世話をありがとうございました。

にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村

北野工房の紹介

DSCF1366_convert_20120926235338.jpg

綴織技術保存会、奏絲綴苑、3ヵ所ある工房の内、北野工房の織り風景です。
天神さんから歩いて5分ぐらいのところにあります。
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村

天神さん、続き

DSCF1353_convert_20120926231036.jpg

昨日の天神さん3枚、千円の着物、帯たち、どんな事情でここに集まったのか
第2の働らき道があってほしい、職人たちが精魂込めて織りあげた者たち
複雑な気持ちで、見守っていました。
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村

次作品準備風景

DSCF1364_convert_20120925204250.jpg

次作品の原画をじっくり見て、基本色糸から配色糸を巻くところです.
ボカシが多く複雑で色数は180色ぐらいになりそうです。
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村

孫の絵本から

DSCF1362_convert_20120925201733.jpg

孫の絵本を綴織で表現、お誕生日に間に合えば良いのですが?
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村

天神さん

DSCF1351_convert_20120925175622.jpg

二十五日は天神さんです。工房から歩いて五分ぐらいの所に、北野天満宮があります。
その周辺は西陣地区で織屋さんもあり、露店が数多く出て、古い着物や骨董品など求めて、大勢の人々で
賑います。私も珍しい織物や糸を探しに参ります。今日は空ぶりでした。
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村

全国伝統工芸士大会、出品予定

DSCF1203_convert_20120923170634.jpg

出品作品1織額、くじゃく50色使用
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村

展覧会作品の紹介

DSCF1205_convert_20120923170420.jpg

五月に開催致しました。作品を掲載させていただきます
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村

保存会について

伝統工芸織物に綴織があります。
私(保存会代表、平野喜久夫)をはじめ綴織に
永年従事して伝統工芸士に認定された者が九名集まり、
後継者不足、継承問題を考え、技術の保存と継承を
目的に地道な活動を始めて二年目になります。
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村

西陣織について

西陣織とは西陣と呼ばれる地域がありここで織られた物を言う。
現在は十二種類の織物が支流です。用途に合わせて使われます。
よく使われる種類には、金襴、錦、綴織などがあります。

伝統工芸士について

経済産業大臣認定による資格。十二年以上の実務。筆記、実技試験に合格した人
伝統工芸士は全国で超4千人、京都はその4分の1の約1,200人です。
その昔平安京の時代から多くの伝統工芸が生まれた。

綴織の噂話

綴織は自分が好きな絵を自分が感じるまま
糸で表現する。個性豊かな織物です。
材料や色など自由でもちろん表現も
感性と技術を高めると無限にたのしいです。

綴織の噂話

保存会を立ち上げ二年になります。
少人数の工房も三ケ所にて、
楽しく作品を織つています。
京都にて

奏絲綴織について

ぴぃーんと張り詰めた経糸(たていと)に、
緯糸(ぬきいと、文様色糸)を杼(ひ)に入れ、
文様を表現するため、経糸をすくい取り
文様色糸を爪で掻きよせるときに生じる音色が
旋律となって、織り進めてまいります。

また、文様の表現には、織り手の感性と技術力が
作品に反映する綴織は他の織物にはない大きな特徴です。

保存会について、綴織の後継者の育成と継承を考え、
伝統工芸士の勤めとして地道な活動を進めて参りました。

その一環として展覧会開催を行っています。

掛け軸

掛け軸 製織

展覧会
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ
にほんブログ村
プロフィール

綴織技術保存会

Author:綴織技術保存会
伝統工芸 綴織技術保存会・奏絲綴苑を立ち上げ、
技術の継承、後継者の育成を図りながら、幅広く綴織を
理解して頂き、ファンを増やし、理解者の方々の応援を
お願い致します。伝統工芸士を中心に24名で活動して
おります。私は代表の平野喜久夫です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。